カテゴリ:
前回その14までは、南東風でランディングアプローチする際に、斜面の地形に合わせてどの程度の高さを目安にしてアプローチするのかを考えてみました。またこの場合、下り斜面にアプローチしていくので、滑空比を抑えることが重要ということを学びました。今回はこの滑空比を抑える方法、その練習方法について考えてみましょう。
ランディング13

上の図のように、上段の斜面からターゲットは水平距離160mで高度差32mで、滑空比5程度になります。この上段から飛んだ時にターゲットにおろせる程度の滑空比に調整できれば、この下り坂のランディングアプローチは格段にやりやすくなります。

上の動画は最良滑空比8.4程度あるといわれる、クラスBのグライダーで岩村が試みに上段からフライトして直線飛行でターゲットに合わせる滑空比に調整してみました。このときは、サーマルコンディションで南風3m程度。ランディングにもサーマルがでて、5〜10m程度吹き上げられる場面もあったので、純粋に滑空比を計測することができるコンディションではありませんでしたが、次のようなことが分かります。

1.滑空比を小さくするためには、スタンディングをとり、向かい風に合わせ、ブレークを抑える必要がある。
2.160mの直線飛行を40秒程度でフライトしているので、毎秒3.2m程度の平均対地速度でフライトしている。仮に風速を毎秒3〜4m程度とすると、対気速度は毎秒6.2〜7.2m程度で時速22〜26卍度となります。

対気速度22kmというとかなりストールポイントに近づいてきますので、このスピードを抑える方法については慎重に考えて練習する必要があります。練習の順序としては、まずスタンディングポジションをしっかりと安定させる方法をシミュレーターで練習し、その後中段、上段からのフライトなどを通して滑空比の調整、スピードコントロールの方法を練習していくのがよいと考えます。

スタンディングとスピードコントロールをつかった滑空比調整の効果については、下の2つの動画を比べてみるとよくわかります。この2つはグライダー性能は多少違いますが、スタンディングをしてスピードコントロールをしているか否かでちょうど滑空比5から8程度の違いが出ていると考えられます。




滑空比が高くても、地面近くでも正確なコントロールができるパイロットは調整して降りることができますが、速い速度でクラッシュするリスクを考えると、滑空比を下げ、速度を抑えて、スタンディングでアプローチするというのがリスクが低くできる、重要な方法論です。

それでは、次回その16ではスタンディングやスピードコントロールの練習方法を考えてみましょう。