カテゴリ:

なにやら盛り上がらない週末天気予報ばかりですが、鉄はアツイうちに…

皆様、10/7 - 10/9 のグランボレ・クラブコンペ最終戦はお楽しみ頂けましたでしょうか?

ナショナルリーガーの飛びはやはり抜群でした。
グランボレ会員の皆様のなかでも、錚々たるメンバーを相手に安定した成績を残す若き選手がいたり、トップに追走するエキスパートパイロットの方がいたり、あの渋いコンディションでゴール人数が限られる中での初ゴールメイクを決め方など、やってよかったぁ〜と、我々としても勝手に感動を味わう場面が多々ありました。そういえば、普段はタンデムフライトと宴会でしか目にしない会員のナショナルリーガもやっぱり凄かったです。

パラグライダーの楽しみ・パイロンレースの楽しみ此処にありです!

さて、そんなパイロンレースですが、今週末の11月の三連休、今度はもう少し静かな環境で、会員の皆様限定で少人数で遊んで&練習してみませんか?

AdobeStock_74134105

下記を実施いたします。

クラブコンペに参加したけど、初めてのでドギマギして終わってしまった方、今回は参加したなかったけど来年チャレンジしたいと心に秘めた思いをもつ方、是非ご参加下さい!!

日程: 11/3-11/5(のうち2日間)
場所:グランボレパラグライダースクール(三峰)
実施内容:

【1.ベンチマーク・フライト】
三日間のうち、コンディションを見極めて最適な1日にクラブコンペさながらの 20-30kmの「公式タスク」を組みます。グライダークラスによるシリンダー半径のハンディもそのままに、皆でお遊びでレース形でフライトをしてみましょう。

会員の皆様だけの参加ですので、GPS へのタスク入力がよくわからない、スタートの仕方がよくわからない等々からゆっくりご説明いたします。

そして、フライト後、皆で GPSログを持ち寄り、上手くタスクを回れた飛びと、自分の飛び方を比較しながら議論しましょう。

今回のフライトには、クラブコンペで上位入賞している会員パイロットも参加予定です。ログを比較して、どんな差があるかを探りましょう。

【2.ミニマム・トライアングルフライト】
何度かクラブコンペに出場した方はご存知の通り、タスクレースで組まれるタスクにはセッターがパイロットを振るいにかける為に仕掛ける幾つかの肝があります。グランボレのクラブコンペの空域だと、山端から離れたパイロンがその肝にあたります。

今回、山端から離れる「青岳橋」と尾根線の「S字」と山上の「くびれ」による最小の三角形を周回し、クラブコンペのタスクの肝を集中的に練習しましょう。

グライダークラスによるハンディは無し。より近い距離・狭い空域で自分より上手いパイロットの飛びを目に入れながら、肝をフライトができるので「違い」を明確にする事ができます。

また、いきなりクラブコンペは怖いけどパイロンレースって楽しそうなのでやってみたいという方の最小の一歩には最適です。降り慣れたメインランディングが近いこの空域でチャレンジしてみましょう。

*11/3-11/5 の3日間で、コンディションを見極めながら上記いずれかを実施します。
*「ベンチマーク・フライト」「ミニマム・トライアングルフライト」が各々1日成立した場合、フリーフライトも重視する目的で、残りの日程では公式にタスクを設定しませんのでご了承ください。

参加資格:

  • グランボレパラグライダースクール会員
  • JPA パイロット技術証所有者

定員:15名

参加費用:無料(当日の施設使用料とグランボレチケットは別途必要)

担当:岩村(お申し込み:TEL 0278-62-1274 / Mail info@grandvolee.jp)