カテゴリ:
パラグライダーの航空力学その5、今回はパラグライダーにかかる抗力の種類について考えてみましょう。
抗力1

パラグライダーにかかる抗力は、翼にかかる抗力、ラインにかかる抗力、パイロットとハーネスにかかる抗力などがあります。航空力学でみると、上の図のように抗力の発生原因で分類すると、パラグライダーの場合は有害抗力と誘導抗力の2つに分類できます。
抗力2

有害抗力というのはいわゆる形状抗力ですが、上の図のように断面が円柱状の場合、流れの後方にカルマン渦という渦ができることによって抗力が増大します。この抗力は同じ断面積で見ると、流線形の物体の8倍程度になると言われています。パラグライダーではラインやパイロットの体が形状抗力を起こしやすくなります。ポッドハーネスによって、体を流線形に近づけることによって、形状抗力は減らすことができます。逆に、スタンディングポジションをとると、体の断面積が増えて、形状抗力は増大することになります。
抗力5

誘導抗力というのは、上の図のように翼端部分に下面から上面に流れる渦ができることによって、抗力が発生するものです。誘導抗力を減らすためには、翼のアスペクト比を上げて翼端渦の影響を減らすという手法があります。しかし、アスペクト比があがるとつぶれた場合などの安定性が悪くなるため、いわゆる上級機という形になります。
抗力4

総合するとパラグライダーの抗力は主に有害抗力と誘導抗力の2種類ですが、飛んでから変えられるのはパイロットの姿勢とブレークコードの迎え角操作くらいです。抗力を減らして滑空比を大きくする、抗力を増大させて滑空比を小さくするといった操作でフライトをコントロールできます。また、グライダーやハーネスの選定、セッティングによって、ある程度滑空比も変わることがわかります。