カテゴリ:
 スープエアーデライト4が新登場!グランボレで増え始めたスタイリッシュで扱いやすいポッドタイプハーネス、スープエアデライト3の後継モデルがついにお目見えしました!登場するや否や購入する人も現れました!グランボレ最初の納品分が届きましたので、セッティングをさせていただきながら細部をご紹介していきましょう。
結論!『これは、、いいモノだ!!』これに尽きるかな。
まずはこれからポッドハーネスに乗りたい!そのような人はもちろんおすすめです。デライト3からの扱いやすさは確実に継承されています。着脱のしやすさ、フライト中の良好な操作性。ポッドハーネスデビューにはこれしかない!ハーネスの細部はより改良されて完成度が増しています。現在のポッドハーネスからの乗り換えももちろんおすすめします!ハーネス評価にはうるさいベテランパイロットにもきっと満足してもらえるはずです。グランボレ最初の購入者は古賀インストラクター。古賀イントラといえばアキュラシー競技のイメージが強いですが、クロスカントリー飛行の競技者でもあります。アキュラシー競技ではベーシックなシッティングタイプのハーネスを使用していますが、フリーフライトおよびXCの時にはデライト3を使用していました。
 その古賀さん曰く『デライト3だとちょっと体重移動が入りきらない。』だそうです。(使用しているパラグライダー特性はもちろん関係します。)その辺りはデライト4だと解決するのかどうか?まだわかりません。今回は気づくことができた改良点に注目しつつデライト4の魅力に迫りましょう!まずモデルが2つ揃います!従来型のモデルを継承したデライト4。そしてインフレータブルフェアリングを装着したデライト4スポーツ。この2種類が揃いますので好みにあわせて選択できるようになりました。こちらはデライト4。
スクリーンショット 2022-10-19 14.32.44

そしてこちらがデライト4スポーツ。フェアリングを装着した空気抵抗軽減モデルです。
スクリーンショット 2022-10-19 14.33.22

古賀さんはデライト4スポーツを選びました。
IMG_6717 (1)

まずは、このフェアリングの部分ですね。
IMG_6580

いままでのデライト3にはなかった大きなポイントです。アクセルを多用して高速滑空性能を重視するパラグライダーパイロットはこちら一択かもしれません。個人的にはガバッとおおきく開いて着替えやPGサックを詰め込みやすいフェアリング無しタイプもおすすめです。
IMG_6585
IMG_6587

上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。このダイアゴナルゲットアップシステムはまったく一緒のようです。このベルトのシステムによる体重移動とパラグライダー の揺れを感じるバランス。フックポイントの高さによる安定感とブレークコードの操縦のしやすさ。ポッドハーネスだけど上半身が起きたアップライトな操作ポジション。ハーネス全体のCGバランスがすべてが一体となってこのハーネスの特色である乗り手に優しい快適さを作っていると思います。
IMG_6590
IMG_6594

上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。カラビナまでのフックポイントもほぼ同じ53cmぐらい。スープエアーでもこのベルトシステムの完成度の高さに言及しているので大きな変更はなかったのでしょう。尖ったところがすくなく、体重移動のコントロール、高いフックポイントによるブレークコードの引きやすさと安定性、ダイアゴナルゲットアップによる体重移動とパラグライダー の挙動の伝わり方。やさしい乗り味でパラグライダー のフライトに集中できることがこのハーネスのストロングポイントでした。そこは間違いなくキッチリ継承されています!しかしながら細かな点に目を向けると着実に改良されていましたよ。
/靴靴ぅラビナの採用。このカラビナが斜めに開くようになり、ベルト類と干渉しなくなった!
▲瓮ぅ鵐戰襯箸龍度が向上している!(120daNから130daNマニア以外どうでも良い数字)
IMG_6601

ここは大きく前進した改良点ですが、メインベルトの着脱について着脱忘れ防止機能が強化されました。デライト3はゲットアップを忘れてフライトしようとすると、メインベルトが大きく緩み忘れていることを知らせる機能でした。今回のデライト4は耐荷重450KGの安全装置を装着しないとコックピットが繋がらなくなりました。より装着不備を防げる確実生の高い安全装置が追加されたと言えます。
IMG_6604
IMG_6606

上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。デライト4の方がバックパネルの剛性が高いように感じます。サイズ感もすこしタイトかもしれません。この座った時の感覚の違いがどのようにプラスなのかは飛んで確かめてみたいところ。

パート1の記事はここまで。パート2ではよりマニアックに掘り下げます。ハーネスOTAKUな私ならではの視点でお届けしますので普通にデライト4の良さを知るのはここまでで大丈夫でしょう!
つまりパート2は新しいハーネスに興味が尽きない!いや理想のハーネスとはこういうモノだ!という探究心のある方はともかく、そうでない人は次の一言だけ今一度行っておきますよ!

結論!『これは、、いいモノだ!!』これに尽きるかな。