カテゴリ

カテゴリ:テクニカル・セッション

フライトプランの作り方 その2

カテゴリ:
フライトプランの作り方、前回その1では気象情報の予測に関して考えてみました。今回は、リスク予知、
フライト目標の立て方という観点から、フライトプランの作り方を考えてみましょう。

上の動画は、プライマリーコースのHさんのランディングです。合計フライト本数は60本程度、経験年数は
4年ほどあり、ランディングアプローチは通常の風であればほとんど自己判断ができようになってきました。
ただ、上の動画のようにピッチ、ロールの揺れが少し出ています。このランディング自体には大きな問題はありませんが、リスク予知という観点で下のSHELLモデルに沿って考えてみましょう。
SHELLモデル

SHELLモデルというのは上の図のようなもので、医療現場などのインシデント分析に使われる手法です。ソフト、ハード、環境、本人、周囲の人といった要因別に分析することにより、インシデントの予知、予防がしやすくなります。

上の動画は、同じくHさんが南東の風2m程度でランディングアプローチをしているものです。昨年の11月なので、経験年数や技能レベルは現在とさほど大きくは変わらないと考えられます。そして、この動画でも同じようにピッチ、ロールが最後に揺れてしまう傾向が見受けられます。
 これを上記SHELLモデルに沿って、分析してみると。S:ソフトウエア、講習カリキュラムや教え方に見落としがあったのではないか。H:ハードウエア、グライダーやハーネスなどの機材にくせや問題があったのではないか。E:環境、風のコンディションやランディングの条件が難しかったのではないか。L:本人、本人の心理的なもの、身体的なものが影響していたのではないか。L:周囲の人、インストラクターのアドバイスなどが影響を与えたのではないか。
 上記の項目にはどれも、多少なりとも原因がありそうですが、最も考えられる原因はこの場合、地上近くになってからスタンディングを取った状態で方向修正をしようとしすぎて左右のブレークを交互に引いている感じがあります。というようなわけでこの事例の場合、すぐに改善できる点としてはS:ソフトウエアで教え方を変えて低高度では遠くに目線を取って、直線飛行を取り、ロールを揺らさないようにするというのが有効かと考えます。

今回もフライトプランとしては散文的でしたが、講習カリキュラム中のスクール生の方はインストラクターの教え方、現状のフライト技術を見極めるために、SHELLモデルを使って分析するのも有効かと思います。

ターゲットランディングの技術 その13

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その12ではオーバープル方式とフレアー方式を切り替える際に、ピッチを揺らしすぎない要領について学びました。今回は、ピッチを揺らしすぎない要領の練習方法について考えてみましょう。

上の動画は南東の風1m程度で、OZONEのAクラスELEMENT3で岩村がターゲットを狙ったものです。ELEMENT3はAクラスにしては、スピードがあり特にブレークを引いた状態から、ブレークを戻すと加速が大きく、滑空比が高い状態で前に出ていくので、オーバープル方式の低速でターゲットを狙うのは難しいといえます。そのため、最終的にはフレアー方式に切り替える形で低高度から最良滑空で伸ばして、フレアーでターゲットを狙っています。

それに対して、上の動画はAIRDESIGNのVITA2SUPERLIGHTで、高めの高度からオーバープル方式でターゲットを狙っています。このほうがターゲットに対しての目線が取れるので、低速でのコントロールが効きやすいグライダーでは有効といえます。低速でのコントロールが効きやすいかどうかは、ポンピングのような低速操作をした時に揺れのような動きが起こりにくいかどうか、前述の低速からの加速の仕方といった点が重要です。

上の動画は前にも見ていただきましたが、古賀さんがELEMENT3でターゲットを狙っている場面です。この動画を見るとELEMENT3は低速からの加速の仕方がやや大きいことがわかります。

上の動画は古賀さんが普段使われている、トリプルセブンのD-LIGHTですが、低速からの加速の仕方が穏やかで、その分滑空比の調整がスムーズにできていることがわかります。

というわけで、それぞれのグライダー特性を把握して自分のグライダーにあったアプローチ方法を見つけることが重要です。低速でのコントロール特性はグランボレで言えば中段くらいの斜面でも十分に練習ができます。

フライトプランの作り方 その1

カテゴリ:
唐突ですが、新シリーズとしてフライトプランの作り方を始めます。1日のコンディションを予測して、自分のフライトプランを考え、実施することは楽しく安全に飛べるパイロットとして重要なことです。多少散文的ですが、毎日のコンディションを例にとりながらフライトプランを考えてみましょう。

2019年7月30日(火)、この日は晴れで南東の風の予報でしたが、南東の風だったのは14時ごろまでで、14時以降は西から北西の風に変化してきました。結果的に、15時ごろには北西の風3m程度になり、フライトしていればリスクを伴うコンディションになりました。この日、フライトするならば9時から13時ごろの西風のリスクのない時間帯にフライトするのが安全といえます。
IMG_3503

上の図は7月30日9時の予想天気図です。日本付近は太平洋高気圧に覆われ、全体の風の流れは南西寄りであるものの、高気圧圏内で安定していると予想できます。天気予報でも、16時以降に雨マークがついていますが、15時ごろまでは晴れまたは曇りで南東の風の予報でした。
IMG_3505

このように、局地予報の風向風速や雨の降りだしはある程度の時間のずれが生じます。これは局地的な雨雲の発生は特に予測が難しいということに起因していると思われます。
IMG_3504

この日は11時ごろからサーマルが活発になり、12時ごろには三国峠や水上温泉方面に雨雲が発生、グランボレ周辺には直接影響するほど雨雲が接近しませんでしたが、水上方面にできた雨雲の影響で下降気流が発生しその影響で西風に変化してきたと推測できます。
IMG_3502

こういう雨雲の発生を早めに察知するためには、上の雨雲レーダーがお勧めです。赤城山など高い山の周辺に積雲が発達しはじめたら、雨雲レーダーをこまめにチェックしておくと、雨雲の発生と接近をいち早く察知できます。
IMG_3501

また、上の図はBLIPMAPのエマグラム予想で、群馬周辺の滑空場、鬼怒川や長野などの地点について、大気の安定度を予測することができます。これを見ると長野周辺では14時ごろに、2500m程度で露点差がなくなり、雨雲ができやすくなることがわかります。

というわけで、フライトプランを考える上で気象情報は重要です。気象情報の予測をし、何時くらいまでがリスクなくフライトできるかということを考えてみましょう。

ターゲットランディングの技術 その12

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その11ではオーバープル方式とフレアー方式を組み合わせてアプローチする方法について学びました。今回はオーバープル方式とフレアー方式を切り替える際のピッチを揺らしすぎないように、コントロールする要領とその練習方法を考えてみましょう。

上の動画では南東の風1m程度で、BクラスのVIVOで古賀さんがターゲットランディングを狙っている場面です。これを見ると、ピッチングの周期を小さくするためサーチを起こすタイミングでブレークを引いたままにすることで、サーチとアクセレーションを小さくしています。いってみれば、グライダーを前に大きくピッチングさせないことで前への加速を防いでいます。
ピッチング2

ざっくりいうと上図のようなイメージですが、ブレークを引いてピッチアップを起こした後、サーチを起こす場面でブレークをフルリリースせずにブレークを半分程度引いたままにする、あるいはポンピングのように半分リリースした後、再びブレークを引くといった操作になります。ブレークの引き方もピッチングのようにゆっくりと引くのではなく、素早く引いてもどすようにするのが効果的です。
ポンピング1

上図のように、いってみればポンピングと最良滑空速度を組み合わせて滑空比調整を行います。ただこの場合、ポンピングそのものよりも、ポンピングから最良滑空速度にスムーズに加速させるほうが難しいといえます。ブレークを引いた状態からブレークを戻すと、サーチ、アクセレーションによって、沈下が起こるので沈下を起こし過ぎないように、コントロールするのです。これには、サーチが始まった時に素早く少しブレークを抑えて戻していき、サーチを起こしすぎないように最良滑空速度にしていきます。

上の動画は岩村が南東の風1m程度でバルーンターゲットを狙ったものですが、途中で少しポンピングを使い高度を合わせてから、最良滑空速度に戻しています。この際、ポンピングで最良滑空角の高さまで合わせてから、少しずつブレークを戻す形で最良滑空速度にスムーズに加速させています。このように、ポンピングと最良滑空の組み合わせを練習するとファイナルレグの調整がやりやすくなります。

さて、次回その13ではピッチを揺らしすぎないコントロールの練習方法を考えてみましょう。

ターゲットランディングの技術 その11

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その10ではオーバープル方式とフレアー方式のファイナルレグの要領の違いを学びました。今回その11ではオーバープル方式でターゲットに合わせる要領を考えてみましょう。

上の動画はNOVAのBクラス、Phantomの石野さんですが、南東の風3m程度でやや高めに進入し、オーバープル方式で高度を調整しながら降りていることがわかります。これを見ると安定した南東の風であれば、向かい風に向けてブレークで速度を抑えたほうが高度を調整しやすいことがわかります。ただこの方法では、ターゲットに対しての前後の距離の調整は少しやりにくく、特に速度を抑えすぎた時にハードランディングのリスクがあります。

今回、提案したいのは上の動画のようにオーバープル方式とフレアー方式を組み合わせて降りるアプローチ方法です。厳密にいえば、ファイナルレグの直線飛行で、スピードを抑えて滑空比を小さくする、スピードをつけて滑空比を伸ばす。その際のピッチが揺れすぎないようにピッチのコントロールを素早く適切に行うことが必要になります。これは前に紹介したストールポイント近くでのポンピングに近い技術ですが、ストールポイントほどの低速ではなく、より小さいリスクで調整できます。
速度調整による滑空比

イメージ的には上の図のように、速度調整で滑空比を調整することです。ただ、この場合ピッチを揺らしすぎないようにコントロールすることが必要になります。

上の動画はRUSH4の飯塚さんですが、南東の風1m程度で速度コントロールによる滑空比の調整を上手に使って、ターゲットの位置に合わせていることがわかります。このピッチを揺らしすぎないように速度をコントロールする技術を練習することはターゲットランディングの近道といえます。

さて、次回その12ではピッチを揺らしすぎずに速度をコントロールする、その要領と練習方法を考えてみましょう。

ターゲットランディングの技術 その10

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その9ではグランボレの斜面にランディングする場合の斜度の利用の仕方を学びました。今回その10では、オーバープル方式とフレアー方式でランディングする場合の要領の違いを考えてみましょう。

グランボレのターゲットがある平らな場所に南東の風1m程度でオーバープル方式で降りる場合は、たいてい上の動画のようなランディングになります。この場合重要なのは、50m程度は直線飛行を取り、ピッチ、ロールと速度を安定させるコントロールすることです。

上の動画は古賀さんのデモフライトですが、Aクラスの初級機でもピッチや速度を大きく変化させてしまうと伸びすぎたりしてフレアーのタイミングも難しくなることがわかります。そういった意味でもグランボレの通常の南東の風1m程度であれば、直線飛行を安定させ滑空比を落としてオーバープル方式で降りる方法がランディングしやすいことがわかります。

上の動画はION5の和田さんですが、スピードが速めの状態でターンを繰り返し、最後にフレアー方式でランディングしています。これをみると、グランボレのランディングで南東の風1m程度のコンディションで速度が速い状態でアプローチをするのは難易度が高いことがわかります。

上の動画は岩村がGINのEXPLORERで南東の風1m程度で、フレアー方式でアプローチしています。これをみるとファイナルレグは100m程度直線を取って、ややスピードをつけてアプローチしています。フレアー方式はぜひ覚えていただきたい技術ですが、南東の風ではターゲットに対しての精度は難しくなります。

さて次回その11ではオーバープル方式でターゲットに合わせる要領を考えてみましょう。

ターゲットランディングの技術 その9

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その8ではリッジエリアでのトップランディングの技術について学びました。
今回その9ではグランボレの斜面でのランディング技術について考えてみましょう。

グランボレの斜面でのランディングは上り斜面になった時は、高度は下げやすいものの着地で衝撃が強く
なりやすく、下り斜面になったときは、衝撃は小さくなるものの高度が下げにくくなるという特徴があります。

上の動画はタンデムのランディングですが、南東の風1m程度で斜面を上手に使い、上り斜面に少し近づけて
高度をさげ、ファイナルレグの方向を上り斜面にも下り斜面にも向けすぎないようにして、高度を調整しランディングの衝撃を小さくしています。

上の動画は同じくタンデムで同じようなコンディションですが、北東向きに平らな場所に降りることで、斜面の
影響はなく最後のファイナルレグでの細かい調整は必要なくなっています。これらを見ると、弱い風であれば
どちらの向きで降りても支障はないといえますが、ファイナルレグの方向を決める時に、最後にオーバープル
方式にするのか、フレアー方式にするのかといった決断が必要になります。

1番目の動画のように下り斜面を利用して着地するなら、オーバープル方式がよく、2番目の動画のように
平らな場所に降りるなら、ある程度の対気速度をつけてからフレアーするフレアー方式がよいでしょう。
偏流飛行4

1番目の動画のように南東風で講習斜面に降りる経路のイメージを描いてみると上のようになります。
偏流飛行と斜度を利用しながら高度の調整と衝撃を小さくする技術、これはトップランディングにも
通じるものがありますね。

さて、次回その10では、ファイナルレグでのオーバープル方式とフレアー方式の要領の違いを考えてみましょう。

ターゲットランディングの技術 その8

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その7ではフレアー操作の技術やストールポイントについて学びました。今回その8ではトップランディングなど傾斜地に降りる技術について考えてみましょう。

トップランディングなど傾斜地に風が吹きあがる状況でランディングするためには、傾斜と風の流れをイメージしてアプローチラインとスピードコントロールなどの操作を考える必要があります。



上の動画はイギリスのパラグライダースクールで、インストラクターがリッジソアリングエリアでのトップランディングを解説しているものです。リッジソアリングエリアでは強めの風がテイクオフに吹き上げいるので、偏流飛行を使いながら、テイクオフの横からアプローチラインを取る必要があります。これを、テイクオフの風下からアプローチしようとすると、乱気流に遭遇するリスクが高くなります。

かといって、テイクオフの風上側にいると吹き上がる風のために、高度を下げにくくなります。このため、リッジエリアでのトップランディングはテイクオフと同じ高度で水平にアプローチするとか、少しだけ風下に回りこむように緩いカーブを描きながら風上に向けるようなランディングとなります。
ダイレクトベース5

これをグランボレの地形のイメージで示すと、もっとも近いパターンが南東の風の場合には中段周辺を狙って、ダイレクトベースでアプローチをするラインに似ています。南東の風に対して偏流飛行をしながら、最後には減速しながらも向かい風に向けるために右に緩やかにカーブしていきます。この場合、偏流の機首方向が同じままでフレアーをかけていくと、低速になる分より風下にながされて対地速度は速くなります。フレアーをかける際には、機首方向をより風上に向けていく必要があります。

上の動画では宮田さんがデモ演技でリッジソアリングからのトップランディングを見せてくれています。リッジエリアでのトップランディングではこのようにテイクオフと同じ高度からアプローチすることがままあります。グランボレでは実際にはこのようなトップランディングの技術が必要になることはほとんどありませんが、リッジエリアを意識して中段あたりを狙って練習することが有効だと思います。はじめは風が南東3m程度で安定しているときなどにトップランディングのイメージで練習してみましょう。そうするとリッジエリアでもトップランディングしやすくなります。

さて、次回その9では斜面や傾斜地へのランディングを考えてみましょう。

ターゲットランディングの技術 その7

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その6では着地操作にはオーバープル方式のほか、フレアー方式や振り子方式があることを学びました。今回はフレアー操作の技術やストールポイントについて考えてみましょう。

ストールポイントというのは、パラグライダーの場合ブレークコードを引いて失速するポイントのこと。静穏な風で整備されたパラグライダーなら、フルブレーク程度までブレークを引いたところで失速に入ります。

上の動画は2013年のXALPS大会で優勝したクリスチャン・マウラーがゴール直前のモナコのテイクオフで、プロモーションもかねてテイクオフでのトップランディングを繰り返すシーンです。正面風が安定して吹き上げている状況とはいえ、グライダーが変形するほどのストールポイントまで使いこなす職人技には脱帽ですね。

パラグライダーはストールポイントになると、翼上面の気流の剥離によって空気抵抗が増し、ディープストールやフルストールという状態に入ります。ディープストールは翼の形を保っていますが、フルストールは翼内部の空気が抜けて、翼が後ろからつぶれたり、後方へバック飛行するような場面もあります。

ストールポイントに入ると、失速特性の穏やかなグライダーは粘ってディープストールの状態になったり、上の動画のように変形しながらも、前にシューティングすることによって回復しようとします。失速特性の激しい翼は、一気にグライダーが後方へ移動しフルストールに入るものもあります。

そのようなわけで、ターゲットランディングを突き詰める人は、このストールポイントというリスクのあるものを学ぶ必要がでてきます。穏やかな失速特性であったとしても、ストールポイントではどのような挙動を示すのか、失速し始めた時にどうすれば安全に着地できるのかという判断が必要になります。

上の動画はストールポイントについて、また失速からの回復やその危険性についてわかりやすく解説されています。失速の回復には急激なシューティングを伴い、翼がつぶれたりクラバットによって回復不能になる場合があります。また、それほどでなくても失速に入ったり、回復時のシューティングによって10m程度大きく沈下します。

そのようなわけで、特に初心者の方にはあえてストールポイントを探るような練習はお勧めできません。まずは失速させないように、空中ではフルブレークまで引きすぎないようにすることが重要です。

しかし、上級者になりターゲットランディングやトップランディングを目指すようになると、ある程度はストールポイントの理解が必要です。それは、失速寸前の兆候を理解することで、失速のリスクを回避できるからです。

パラグライダーは失速寸前になると、対気速度が弱まり、沈下速度が大きくなったり、グライダーが後ろに引っ張るような感じになります。またグライダーによっては、左右に不規則な揺れを生じたりします。これらの兆候をとらえて、失速寸前だと感じたら、ブレークを戻すと失速を回避できます。この失速寸前のポイントを利用して、ブレークコードのポンピングを使う操作が、前述のクリスチャン・マウラーなどが使っているテクニックです。

上の動画でもターゲットに合わせるためにかなりストールポイントに近いところまで、ポンピングしていることがわかります。ただし、もちろん失速やシューティングのリスクを伴いますので、ストールポイントの練習を目指す人はまずはインストラクターに相談し、方法論をよく理解してから練習してください。一つだけアドバイスするとグランドハンドリグやショートフライトでこの練習をすると比較的リスクなくストールポイントが習得できます。

さて、次回はトップランディングなど傾斜地に降りるための技術について考えてみましょう。


ターゲットランディングの技術 その6

カテゴリ:
ターゲットランディングの技術、前回その5ではランディングの着地操作でオーバープル方式やフレアー方式、振り子方式があることを学びました。今回その6ではフレアー方式や振り子方式を考えてみましょう。

グランボレのランディングで南東の風の時は、もともと斜面を風が吹き上がっているので、フレアー方式や振り子方式を使うのは難しいのですが、上り坂で降りることになった時や、追い風で降りる場合に備えてこの2つの方式を練習しておくのがよいでしょう。

着地操作という観点では少し違いますが、上の動画では赤いバルーンターゲットに水平飛行からフレアー方式で合わせています。ターゲットの手前から対気速度を付けて、水平飛行に移りターゲット近くでブレークを引いてフレアーをかけることにより、速度のエネルギーが上昇のエネルギーに変わります。これがフレアー方式の原理です。

上り坂へのランディングなどで、さらに上昇のエネルギーがほしいときは振り子方式を使います。これは、対気速度を付けるためにブレークを引いた状態から手を挙げて、ピッチダウンによって対気速度をつけ、その後ピッチングの振り子とフレアー操作でピッチアップさせて、上昇のエネルギーを作るものです。上昇気流の中でこれを行うと上昇しすぎてしまいますが、下降気流の中でこれをすると高さ判断が重要ではありますが、ソフトランディングできます。

上の動画は振り子方式の失敗例というか、下降気流の中の低い高度でピッチダウンを起こしてしまうと、ピッチアップを起こす前に地面に着地してしまうというよくある失敗例です。下降気流で振り子方式を行う際は、特に高さ判断を高めに見積もりなどの注意が必要です。特に初心者の方は、下降気流だとしても振り子方式で揺らしてしまうよりは、スピードをつけた状態からフレアーをかけるというやり方のほうがお勧めです。

上の動画のように、上り坂に降りるときやタンデムのような翼面荷重が高い場合、下降気流で沈下速度が速い場合なのどは、フレアー方式や振り子方式で降りるのがお勧めです。これは、着地衝撃を弱めるためです。ただし、平面のターゲットに合わせるという意味では、この2つの方式はオーバープル方式よりも難しくなります。

上の動画は極端な例ではありますが、スピードフライングという翼で飛ぶ人たちはこのように低空をなめるように滑空するスウープという遊び方をします。これは原理的にはフレアー方式と似ていますが、低空での正確なピッチ、ロール、スピードのコントロールが要求されます。パラグライダーでランディングする方もここまでではなくとも、ある程度スピードを維持した中でも正確なコントロールができることを目指すとまたちがった、楽しみ方ができます。それはターゲットランディングというより、ランディングをアクティブに楽しむということですね。

さて、次回はフレアー操作の技術やストールポイントについて考えてみましょう。

このページのトップヘ

見出し画像
×