カテゴリ:
DSC00460

3月20日、扇澤さんがGINのアトラスMサイズを持ってきて
くださったので、岩村が試乗させていただきました。

GINのアトラスはボレロ4とスプリントEVOの間で
ENのBクラスになります。グライダーを広げてみると、
ブーメラン9にも使われている、段差のあるインテーク
にナイロンロッドが使われ、明らかに新しい翼断面形状
という感じがします。
DSC00461

立ち上げの感じはしっかりと手ごたえがあるものの、
重くはなく、わかりやすい感じです。少し前のグライダーで
ZULUを思い出させるものがあります。曇り空でしたが、
ソアリングコンディションだったので、400mほどゲインして
30分ほどフライトできました。サーマルでの旋回もスムーズで
大きな体重移動はほとんど必要なく、ブレーク操作だけで
なめらかにバンクがかかる感じでした。

DSC00469

サーマルの中での浮きや滑空性能を考えると、ZULUやスプリント
はもとより、スプリントEVOに匹敵する性能をもっている感じが
しました。ボレロ4の上であれば、2機目くらいの性能かと考えて
いましたが、3機目のパイロット以上の方にちょうどよいくらいの
性能かと思います。
DSC00465

GINグライダーは新しい試みとして、イギリスのオックスフォード大学の
エイドリアン・トーマス教授などに新しい翼断面形状を設計してもらい、
翼の内圧を最適化する、EPTシステムを開発しています。今回のアトラス
はそのためか、すばらしいピッチ安定性、滑空性能を感じます。逆にいえば、
ボレロ4よりも数段上の性能を実現しており、パイロットにも少し上の技術を
要求するグライダーになったのかなという感触がありました。

トータルとしてみると、この低いアスペクトで高い滑空性能とバランス
のよい操縦性と安定性を実現しており、新世代の快適なグライダー
という感じでした。楽しみながらソアリングからクロスカントリーまで
トライしたいパイロットにお勧めです。