カテゴリ

カテゴリ:ギア・インプレッション

凄い!最新のフライトナビゲーター!!

カテゴリ:
 わかりやすくいえば、バリオメーターにGPSがひっついたもの?
写真
 いやいや。そんなわけありません。こんなにスマートです!!
写真 (2)

 しかもただ引っ付けたのではありません。本当にスマートに連動します。賢く計算します!!
それはパラグライダーに完全に特化した、まさにあなたのフライトナビゲーター!
例えば、現在の風向風速も速やかに表示できます。現在の速度は言うに及ばず、滑空比まで表示します。
目標地点までの距離も表示するのは言うに及ばず。そこへ到達するための必要な高度を計算してくれます。これを手に入れたときからあなたのパラグライダーフライトに優秀なナビゲーターが同乗しているのです。

 ここにあげた機能は最新フライトナビゲーターのほんの一部でしかありません。二つの機能が連携するからこそのフライトナビゲーター(GPS一体型バリオ)です。

 さらに、コンピューターとの連携が非常に優れているのが、このシリーズの特徴。GPSのログを出力して解析できるのは当たり前です。カシミールでもグーグルアースでも専用の解析ソフトでも、どんどんあなたのパラグライダーのフライトログを出力して解析しましょう。パラグライダーのフライト、特にソアリングフライトは後から振り返ってみたいものです。それが満足できるフライトでも、納得がいかないフライトでも。そんな機能が満載です。なかには、コンピューターとの連携をせずに、単独でパラグライダーのフライトログをシミュレーションできる機種もあります。

 またコンピューターを介して常に最新バージョンに生まれ変わるのもこのシリーズの特徴。ファームウェアーをダウンロードしてインストールする必要はありますが、常に最新バージョンが使えるのはとっても魅力的。

 さらに専用ソフトを使用するとこんなことまでできる機種もあります。

 まさにあなたのフライトナビゲーター。とことんあなた好みになっていただきましょう。

 これからGPSセミナーにむけて、この優れものフライトナビゲーターあれこれを紹介させていただきたいと思います。追加記事をどうぞお楽しみに。

GIN アトラス Mサイズ 試乗レポート

カテゴリ:
DSC00460

3月20日、扇澤さんがGINのアトラスMサイズを持ってきて
くださったので、岩村が試乗させていただきました。

GINのアトラスはボレロ4とスプリントEVOの間で
ENのBクラスになります。グライダーを広げてみると、
ブーメラン9にも使われている、段差のあるインテーク
にナイロンロッドが使われ、明らかに新しい翼断面形状
という感じがします。
DSC00461

立ち上げの感じはしっかりと手ごたえがあるものの、
重くはなく、わかりやすい感じです。少し前のグライダーで
ZULUを思い出させるものがあります。曇り空でしたが、
ソアリングコンディションだったので、400mほどゲインして
30分ほどフライトできました。サーマルでの旋回もスムーズで
大きな体重移動はほとんど必要なく、ブレーク操作だけで
なめらかにバンクがかかる感じでした。

DSC00469

サーマルの中での浮きや滑空性能を考えると、ZULUやスプリント
はもとより、スプリントEVOに匹敵する性能をもっている感じが
しました。ボレロ4の上であれば、2機目くらいの性能かと考えて
いましたが、3機目のパイロット以上の方にちょうどよいくらいの
性能かと思います。
DSC00465

GINグライダーは新しい試みとして、イギリスのオックスフォード大学の
エイドリアン・トーマス教授などに新しい翼断面形状を設計してもらい、
翼の内圧を最適化する、EPTシステムを開発しています。今回のアトラス
はそのためか、すばらしいピッチ安定性、滑空性能を感じます。逆にいえば、
ボレロ4よりも数段上の性能を実現しており、パイロットにも少し上の技術を
要求するグライダーになったのかなという感触がありました。

トータルとしてみると、この低いアスペクトで高い滑空性能とバランス
のよい操縦性と安定性を実現しており、新世代の快適なグライダー
という感じでした。楽しみながらソアリングからクロスカントリーまで
トライしたいパイロットにお勧めです。

このページのトップヘ

見出し画像
×