カテゴリ

カテゴリ:お知らせ

SKYWALK CRUISE ハーネス

カテゴリ:
シンプルなハーネスにはシンプルなハーネスの良さがあります。
通常のポッドハーネスは空気抵抗を軽減して高速滑空時の安定性を向上させます。専用にデザインされたコックピット、フライト計器コンテナも視認性が高く、ワンパッケージで使いやすいものが多いです。反面、装着方法が複雑でハーネス個別の独特な方法を覚えなければなりません。またその高速安定性能が全ての人に必要なわけでもないと考えます。パラグライダー同様にあるいはそれ以上に、自分が目指したいフライトに合わせて頼りがいのあるハーネスを選びましょう。

.蓮璽優垢涼綯Δ簡単で間違いにくい。
IMG_0056

ベルトはレッグベルト、チェストベルトのシンプルな設計。視認しやすく、レッグベルトは捻れ防止のためのマグネットが付いています。チェストベルトはレッグベルトつけ忘れ防止のTバックル機能を兼ねています。このバックルには誤動作でバックルが外れないように安全機構がついています。
IMG_0048

カラビナはエーデルリッド社がパラグライダー専用に開発した最新モデルで斜めに開閉しライザーが装着しやすいのも嬉しいです。
IMG_0047


▲侫薀ぅ隼兩のセッティングが調整しやすい。
IMG_0009

シミュレーターにぶら下げると、そのCGバランスの良さがわかります。きれいにぶら下がって、ちゃんと真ん中ぐらいにハーネスの重心があります。ポジションセッティングはショルダーベルト、左右のコンプレッションベルトで上半身の傾きをできるだけアップライトに調整するのが良いと思います。座板の角度を調整することができ。ややねかせて後ろに重心を移したり、前傾させて前に移動させることができます。
IMG_0016

写真はSサイズに僕が乗っているところです。僕だとこの上のMサイズですね。ハーネスの展開サイズは3サイズでS,M,Lサイズです。ほとんどの体型の人はSかMサイズでフィットできそうです。

ウェイトシフトがしやすい。
IMG_0024

出荷状態の座板の座り具合がバランスが良いです。そのためウェイトシフトしやすいです。上半身が大きくライザー側に入り込むような姿勢にならなくても、下半身の動きで効果的なウェイトシフトができるでしょう。

ぅ謄ぅオフとランディングの時にスタンディングポジションを取りやすい。
座板の動きがよく、シッティングからスタンディング、スタンディングからシッティングをしやすいです。IMG_0043


ぅ僖薀轡紂璽箸亮納性と引き出しやすさを兼ね備えたコンテナ。
IMG_0027

みなさんはあまり気にされないかもしれませんが、リガーとしては大きなポイント。ハーネス専用のインナーコンテナを使用します。軽い力で引き出すことができました。ピンも見やすいです。コンテナがハーネスの下部ですから頻繁にお尻でランディングする人は注意!
ソ淑な衝撃吸収性が備わっている。
スクリーンショット 2023-11-30 11.38.14

SKYWALK独自の技術で充填するPERMAIRプロテクターと背骨を保護するSAS-TECが備わっています。テストレポートを見る限りハーネスの構造・強度・衝撃吸収テストは問題ありません!
PERMAIRプロテクターの空気充填には専用の電動ポンプが付いているのでストレスはありません!
IMG_0055


Ψ擇、そして小さく収納できる。持ち運びが容易であれば言うことなし!
IMG_0014

PERMAIRプロテクターは空気を抜いてしまえばここまで小さくなり、専用のバッグに収納することが可能です。重量はMサイズで3.6Kgで一般的なハーネスからフォームプロテクターに相当する1Kgぐらい軽量化されています。もちろんペッラペラの軽さを追求したライト&ファストハーネスには及びませんが、このハーネスはあくまでもごく普通の標準的なハーネスなので、1キロ軽いのは大きいですね!

結論
シンプルなハーネスが好みの人には特におすすめです。小さくなるし軽いのでハイク&フライを楽しみたい人にもおすすめです。ここまで小さくなればスーツケースに入るのでは?ツアーに頻繁に行きたい人にももちろんおすすめ!
ハーネスのサイズ感が微妙(特に境目のあたりの身長の体重の人)なのでかならずフィッティングすることをおすすめします!

2024年2月実施予定台湾ツアーについて

カテゴリ:
寒くなってきましたがこれからがパラグライダーは楽しい季節ですよね!
国内では朝霧ツアーも始動!とはいえ寒いのも事実。
できれば暖かいところでのんびりとフライトしたい。
そんなあなたは台湾ツアーしかありません。穏やかなサーマルでフライト時間も伸びます。
夜は美味しい台湾ご飯を楽しめます。時差もほとんどなし。パラグライダーをするには最高です。
1時募集へ向けて日時の調整等を始めます。現在までの情報を公開します。
スクリーンショット 2023-11-24 12.13.01 2


2024年2月台湾ツアー(計画)
日程:2月2日金曜日出発から6日火曜日帰国日
4泊5日(フライト日は到着日から4日の計画です)
ツアー参加費用:¥170,000
最少催行人数:4名


ツアー費用に含まれるもの
・グランボレインストラクター1名の同行費用
・台湾でのホテル宿泊費用(標準シングルルーム)
・台湾でのすべての車両移動費用(空港までの送迎、現地ガイド費用を含みます)
・台湾フライトエリアサイチャ航空公園のフライト費用

ツアー費用に含まれていない
・航空券の往復
・海外旅行傷害保険
(現地でのフライト受け入れには治療・救援費用として¥2,000万円以上が必要です)
・台湾での飲食
・日本での移動費用や宅急便利用など

航空券や保険について、あるいは行ってみたいけど大丈夫?などなどなんでも聞いてください。
特に航空券は早めの手配の方がお得なので、まずはお問い合わせください!
皆さんのご希望、確定した旅程、参加者人数などによってツアー企画を修正・ボリュームアップして実現を目指したいと思っています!!
ご希望・検討している方はまずは担当小林までご連絡ください。
メール・メッセンジャー・ラインなんでも大丈夫です!
ご連絡お待ちしております。

朝霧ビギナー向けツアー第2回

カテゴリ:
11月16日木曜日
朝霧ツアーに行きます!日帰りです。ビギナー向けの企画ですが、2回目の今回はなんとか一緒に飛びたいし、できれば静岡名物『さわやか』体験ツアーまで足をのばしてみたいところ。もちろん3回目もやりますが日程が合う人はぜひご参加ください。
次のような方に特にオススメしますので是非ご参加をご検討ください。
…霧エリア初めて!
△泙栖靴譴討い覆て、湾内とか一尾根とか熊森山とかいわれてもピンとこない。
A飴海任錣蕕錣薀僖薀哀薀ぅ澄爾群れているともう無理!
冬が朝霧のハイシーズンなのですが、その前に慣れておこうという目的のツアーです。
今年から来年にかけて、ソアリング練習、ビッグフライト、などなど構想中ですが、まずは朝霧で飛べるようになりましょう!
スクリーンショット 2023-01-15 18.26.30

開催要項
日程:11月16日(木曜日)日帰り
(あまりに気象条件が悪い場合や最小最高人数に達しない場合は順延の可能性あり。)
(インストラクター帯同予定につき同日はGVエリアクローズです。)
グランボレハイエース出動します。渋川こもちふれあい公園・ららん藤岡ピックアップ可能です。
催行人数:4名集まれば催行します。
(参加人数によりイントラ同行人数が決まりますのでたくさんのご参加お待ちしています!)
料金:¥13,000(一般社会人の方・GV合流・日帰りの場合)
料金に含まれるもの(ツアー参加費用・エリア利用料、GVワゴンでの高速利用、交通諸費用)
料金に含まれない(エリアバス送迎費、宿泊、飲食費などは個別負担となります。)
現地集合料金:参加料金はそのままですがGVチケット2枚をキャッシュバックします。


朝霧講習費用(朝霧でフライトする際に事前に受講しなければならない安全講習)は2年間有効です。
初めての方は受講が必要です。
shin.kobayashi@grandvolee.jpまで直接ご連絡ください。
冬の本格的シーズンの前に、まずは朝霧とはどんなところかを感じておきましょう。
ランディングは広いです。テイクオフはグランボレに比較すると傾斜が緩くて難しいですが、まずはインストラクター帯同のツアーで慣れておきましょう。

みなさまのご参加をお待ちしております!

明日 11/8(水)臨時休業のお知らせ

カテゴリ:
お客様各位

明日、2023年11月7日は天候状況を鑑みて、急遽スタッフトレーニングの為、パラグライダースクールならびにパラグライダー・ATV 四輪バギーのアクテビティにつきましては、臨時休業とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りたくお願いいたします。

グランボレ スタッフ一同

pixta_92989814_S

朝霧ツアー(ビギナー向けお楽しみツアー)のお知らせ!

カテゴリ:
10月12日木曜日!
朝霧ツアーに行きます!今回は日帰りです。ビギナー向けの企画ですが、小林、古賀そろってツアー行くので講習生から参加できます。チャンスがあれば一緒に飛びましょう!
次のような方は是非ご参加をご検討ください。
…霧エリア初めて!
朝霧に慣れていなくて、湾内とか一尾根とか熊森山とかいわれてもピンとこない。
5廚靴屬蠅諒、ハイシーズンで混んでいる朝霧はちょっと遠慮しますというかた。
冬が朝霧のハイシーズンなのですが、その前に慣れておこうという目的のツアーです。
今年から来年にかけて、ソアリング練習、ビッグフライト、などなど構想中ですが、まずは朝霧で飛べるようになりましょう!
スクリーンショット 2023-01-15 18.26.30

開催要項
日程:10月12日(木曜日)日帰り予定
(あまりに気象条件が悪い場合や最小最高人数に達しない場合は順延の可能性あり。)
(インストラクター2名帯同予定につき同日はGVエリアクローズ予定です。)
グランボレハイエース出動します。ららん藤岡ピックアップ可能です。
催行人数:4名集まれば催行します。
料金:¥13,000(一般社会人の方・GV合流・日帰りの場合)
料金に含まれるもの(ツアー参加費用・エリア利用料、GVワゴンでの高速利用、交通諸費用)
料金に含まれない(エリアバス送迎費、宿泊、飲食費などは個別負担となります。)
現地集合料金:参加料金はそのままですがGVチケット2枚をキャッシュバックします。


朝霧講習費用(朝霧でフライトする際に事前に受講しなければならない安全講習)は2年間有効です。
初めての方は受講が必要です。
ツアー参加お申し込みはこちらからお願いします。
もしくはshin.kobayashi@grandvolee.jpまで直接ご連絡ください。
冬の本格的シーズンの前に、まずは朝霧とはどんなところかを感じておきましょう。
ランディングは広いです。テイクオフはグランボレに比較すると傾斜が緩くて難しいですが、まずはインストラクター帯同のツアーで慣れておきましょう。

みなさまのご参加をお待ちしております!

足尾ベーシックツアー2023春

カテゴリ:
地域でのスカイスポーツの歴史が長く、その歴史故に関東有数のフライト環境が整い、2023年3月現在 XC フライトの日本記録の TO地点である足尾について、エリア内を満喫するフライトにチャレンジします。

足尾は、山岳部と違い低い位置からのサーマルやグランドサーマルが発生しやすい特徴があります。また、比較的低い里山の稜線が南北に連なり、東西は盆地でサーマルが山の東西面をあがってくるため、日中の時間帯によるサーマルの変化を体感しやすい地形です。春には、南風にのって北方向への XCフライトを狙うパイロットが多く集まります。山岳部の入口に位置するグランボレとは一味違ったフライトを楽しみましょう。

今回は、特別講師を招いてソアリング講習も実施します。
  • ツアー名: 足尾ベーシックツアー 2023
  • 開催期間: 2023年3月11日(土)〜2023年3月12日(日)
  • フライトエリア: ソラトピア(もしくは、ハングパラグライダースクール NASA)
  • 参加資格:全ての会員様(パイロットライセンス取得前の講習生の方も含む)
  • 料金等詳細情報:こちらのリンク、もしくは下記の画像をご参照ください
足尾ベーシックツアー2023春

正式なお申込みは下記オンラインストアからお願いいたします!!


2月4日(土曜日)、5日(日曜日)朝霧ツアー

カテゴリ:
1月は残念ながら中止となってしまいました。申し訳ございません。しかし予想以上のお客様から参加の申し出をいただいておりました。ありがとうございます!

2月4日(土曜日)、2月5日(日曜日)で朝霧ツアー・ソアリングキャンプ編を開催します。
もうグランボレではお馴染みの川地さんも合流し、川地塾も開催されます。これぞ朝霧!というダイナミックなソアリング空域への挑戦を最終目標として、前山からの抜け方、稜線への移動の仕方など一緒にソアリングをしながらのフライトを計画中です。もちろんスタッフも同行します。ソアリング初心者のみなさんも安心してソアリングキャンプにご参加ください!
スクリーンショット 2023-01-15 18.26.30


開催要項
日程:2月4日(土曜日)5日(日曜日)
 (予備日として6日月曜日を仮設定しています。)
日帰り参加大歓迎です。
グランボレハイエース出動予定につきピックアップ可能です。
ららん藤岡あたりで合流しましょう!
催行人数:4名集まれば催行します。
宿泊:未定
料金:¥13,000(一般社会人の方・GV合流・日帰りの場合)
料金に含まれるもの(ツアー参加費用・エリア利用料)
料金に含まれない(エリアの送迎費用、宿泊、飲食費などは個別負担となります。)



2月の朝霧でお会いできることを楽しみにお待ちしています。
2月はこの朝霧ソアリングキャンプを筆頭に、できるだけ日帰りツアーなども組みたいと思っていますのでご参加お待ちしております。

冬季パラグライダー遠征計画!

カテゴリ:
寒くなってきましたがみなさん変わりありませんか?
グランボレも雪が舞う季節を迎えています。
スクリーンショット 2022-12-17 17.52.51

冬も元気に飛びたいですね。
あたたかい準備をしてフライトに臨みましょう。
まだ計画段階ではありますが、冬季から春季までのグランボレのパラグライダー遠征計画を発表します。開催が決定したものを正式発表して参ります。準備を整えてお待ちください。

第1回朝霧おたのしみフライトツアー
1月14日(土曜日)から15日(日曜日)、延長戦16日(月曜日)
※日帰り参加可能です。
※パイロットライセンス以上です。
※ベーシックソアリング以上のもっと広い空域をソアリングしたい!
そのようなパイロットの皆様はお試し川地塾参加可能ですのでご検討ください。

第2回朝霧おたのしみフライトツアー
2月4日(土曜日)、5日(日曜日)

第1回平日弾丸日帰りフライトツアー(場所未定)
2月6日(月曜日)から9日(木曜日)のいずれか。
※講習生も参加可能です!
※有力候補はやはりスカイパーク宇都宮でしょうか?
※普段なかなかとべないエリアをフライトすることが目標です。


最終朝霧移動教室およびベーシックソアリング
2月22日(水曜日)から26日(日曜日)まで
※こちらは講習生も参加可能です。
※もちろん日帰り現地集合も含めて参加OKです。

第1回足尾ベーシックツアー
3月3日(金曜日)から5日(日曜日)
※XC前の空域を覚えてソアリングを楽しみましょう。
※べつにXC前提でなくても春の足尾はソアリングが十分に楽しめるので是非!

第2回足尾ベーシックツアーもしくは平日弾丸日帰りツアー
3月6日(月曜日)から9日(木曜日)
※足尾でXCに挑戦するひとは必ず事前にどちらかの日帰りツアーで慣らしフライトしてくださいね!

XC100キロチャレンジIN足尾
3月20日(月曜日)から31日(金曜日)
※XCライセンスまたはEXPライセンスが必要です。
この冬から春にかけての最大のフライトイベントです。
冬の間もしっかりとフライトして、腕をみがき春のビッグコンディションで100キロ越えのフライトを達成しましょう!

遠征フライト計画として企画・準備に入っております。
決定事項と詳細は追って公式ブログ・公式FB・FHグループで随時報告します。
チェックをお忘れなく!





忘年会のお知らせ 第2段! 今年は町に繰り出そう! 22年GV忘年会🤗 

カテゴリ:
皆様!忘年会へのご参加表明を頂き、誠にありがとうございます。

開催地!決定(≧▽≦)✋
我らが群馬の大都会 高崎🎉

お陰様で、ご参加挙手を頂いた方の多くが高崎在住!&
東京神奈川のメンバーは大宮あたりから送迎しちゃいますよ〜と言う事で、
我らが群馬県が誇る大都会!高崎での開催とさせて頂ければと存じます(*'▽')☝
JRE-Takasaki-STA_West

pixta_60864640_S

開催地にあたり、宿泊をご希望されておりましたお客様に置かれましては、今一度、宿泊のご希望の有無を確認させて下さい🙇


また、今回の忘年会は、次の2点に重点を置いて、ご参加者、まだまだ大募集中!
※このまま行動制限が無ければ💦という条件付きですが💦
❶普段はなかなか宴席でご一緒できない東京や神奈川の方にもご参加いただきたいのです!
❷若い血潮とも絡みたい!スタッフおじちゃん・おばちゃんの勝手なる願い🙏
 どうかキークルーの若人、GVアンダー30の皆さん応えて下さい!

img_ecfd355117b8978c71cd1053afbe5b1894273


【日程】 12月3日(土) 夕方18時〜21時  約3時間を予定
【場所】 群馬県の大都会 高崎での開催
 (※1) 高崎駅周辺の美味しい飲み食い処  お店 居酒屋またはレストランにて
 (※2) 貸し切り個室でお探し中
 ☝㊟高崎グルメなら、お任せあれ!という方、是非、お知恵拝借させて下さい(*´ω`*)👐

【費用】 価格は¥3,500~4,000円予算で 探し中
 ☝㊟※重要 U26(26歳以下) は参加費無料 グランボレが 負担 
         高崎ナイトを楽しんでください! 
 
  

【送迎】.哀薀鵐椒譴ら高崎送迎
    △幹望が有りましたら、気軽にご相談下さい!
    0棒崎組も送迎希望が有れば、ドーンと1台分準備致します!
    ぜ秧佑粒様 ご参加人数が増えるならば考えます(笑)!
    シ嫁呂任僚蒜颪鬚幹望の方 ホテル迄送迎致します!
     一番最安3千円台〜全国旅行支援利用で1泊6千台等いろいろある様です。
     ※宿泊ご予約、お手伝いが必要な方はお知らせ下さい。

【ドレスコード】
  今回の忘年会には、至極重要なドレスコードがございます。
  (重要) あなたの想う勝負服でご参加下さい!!
      勝負服なら何でも大丈夫!
      私は、、、ガラスの靴と、、妖精さんにお願いして、、、



久しぶりの開催ですから、スクール生も新米パイロットもベテランパイロットもみんなで楽しく交流を深められる忘年会にしたいと考えております。よろしくお願いします。

そこで、今回のお楽しみ企画の発表です😝☝✨
【豪華景品をゲット!🎉お楽しみ企画´↓】
忘年会にご参加頂けますれば、どなたにも当たるチャンスが有るのです!✨
さあ!豪華景品ゲットして下さい(*´ω`*)✋

⓵今年最後の運試し!?気合いで勝負✨じゃんけんポン大会
⓶今年度ライセンス表彰式
⓷今回のお笑い企画
 忘年会コレクションinTAKASAKIあなたの勝負服でいざ勝負!?” 
 ご参加者皆様の投票によって、一番ステキな勝負服と表彰された方は、参加費用無料です!!

忘年会に参加すれば、、、次の豪華景品があなたの手に!?渡る!カモ…(笑)
✨豪華景品の数々✨:
-. 講習料・年間パス無料券 ❣❣❣
-. GV 商品券3万円分❣❣❣ 
-.リフライト券
-. パラグライダーのグッズ多数
 ご協賛いただきました各社の皆様
 ●ファルホーク様 ●エアカッシー様 ●フィールドジョイ様 (順不同 敬称略)
-. etc.


そこのあなた❣奥様、旦那様💖若人の皆様!もうこれは、参加するしかないですわね!!😝👐

SUP'AIR DELIGHT4!つづき

カテゴリ:
さあ、デライト4についての続きです。@グランボレハーネス研究科所属主任ハーネス研究員?である私としては、深く、細かくマニアックな視点でお届けします。
IMG_6647
IMG_6649

上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。ちょっとわかりづらいですが、デライト4はサイドパネルが分割設計になっています。そのパネルごとにコンプレッションが調節できるようになっています。つまりフィッティングをより細かく調節できるようになりました。これが体重移動の効果を含めコントロール特性の向上に一役買うかどうかはフライトしてみないとわかりませんが非常に興味を持つところです。それから写真を見て比較してもらえるとわかりますが、メインのウェビングベルト。デライト3はどうしてこのような縫い方をするのか気になっていたのですが、デライト4からバータッグで縫われるようになりましたね。だからメインベルトの強度もあがっているのかな!
IMG_6652

IMG_6657

さあ、ここは新世代のハーネスを思わせる改良点ですよ。上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。デライト4はポッドのテンションを調整するメインのベルトが誤った場所を通過しないような工夫がされています。これはポッドハーネスを乗った人は一度は経験する?ポッドのベルトに間違って足を通すというエラーを回避しやすい嬉しい工夫です!ときどきいますよね。変な姿勢で飛んでくるポッドハーネス。大抵はこれですね。これはおそらく製造側がユーザーの声を反映させて改良したのではないでしょうか。
IMG_6663

さらにポッドのテンションと角度を調節するポッドハーネスの重要調節ポイントですが、写真のように上下いずれのベルトも手の届くところで細かく調節できるように改良されていました。このベルトを細かく調節することでポッドのテンションを調整します。テンションだけでなく正しいポッドの角度もここで調整します。これはポッドハーネスを一度でも調節した人はわかると思うのですが、もっとも決まらないのがこのポッドのテンションのセッティングなんですよね。乗っては降りてベルトを緩めて、詰めて、また乗って。これを繰り返す必要がありました。デライト3もそれは同様で、一度ハーネスから降りて上下のベルトの長さを調整して、またシミュレーターに座る必要がありました。デライト4はシミュレーターに乗ったままポッドの上下のベルト調節2箇所に手が届くのでそのまま完結できます。事実、古賀さんはシミュレーターで1人でセッティングしていました。これはとても良い進化です!
IMG_6683
IMG_6678

上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。古賀さん曰く最大の改善点!みんなに嬉しい改良点です。デライト3には安心感のある、スープエアオリジナルのバンプクッションが搭載されていました。しかしながら十分な衝撃吸収性能があるためにどうしても嵩張ってしまいます。(下の写真です)そこでデライト4は全くあたらしい設計のバンプクッション?(二つ折りにして使われている)衝撃吸収素材が使われています。普段は二つ折りにして使われています。パラグライダーザックに収納する時などはファスナーを開けることで折り畳まれているクッションが伸展して薄くなります。これによってハーネス全体の嵩高も薄くなります。格段に収納しやすくなります。この改良点の恩恵は大きいでしょう。ポッドハーネスはとかくその収納性が問題ですから。
IMG_6697

写真左がデライト4であきらかに右のデライト3より薄い!!
IMG_6702
IMG_6699

上の写真がデライト4で下の写真がデライト3。レスキューパラシュートのパネルはよりシンプルにすっきりとした構造になりました。最近のENの傾向を反映してレスキューパラシュートグリップはパラシュートのラインに引っかかりにくく、素材的に変形しやすくなっています。つまりグリップとしては薄く掴みにくく、変形して力が逃げるので引き出しの練習が絶対に必要です。開口部もデライト3の方が大きく開き、グリップも大きいのでパラシュートの出しやすさはデライト3の方が出しやすく感じました。デライト4のコンテナ・パネル・ピンの組み合わせを観察して、何度も収納して引き出しをしてみると「このパネルをこうして欲しい!その方が引き出ししやすいのに!!」そんな考えも芽生えます。このあたりはパラシュートに対する製造元とメンテナンスに対するリガーの考え方の違いもあるのかもしれません。
IMG_6571

再設計されたデライト4専用のインナーコンテナ。グリップがラインと干渉しないように柔らかく変形しやすい素材に変更されています。
IMG_6577

昨年スープエアー社からアラートが出たブライダルコードのバータッグ。もちろん今回の製品もきちんと縫製されていますよ!

最終作業はパラシュートをしっかりパッキングして収納。そして引き出しのテストを繰り返します。



さあ、これで使用準備が整いました。
早ければ、明日の五竜の日帰りツアーで実機をもった古賀さんがフライトします。
是非感想を聞いてみましょう!古賀さんのインプレレポートは後日また!

このページのトップヘ

見出し画像
×