タグ

タグ:ツアー告知

スロベニアツアーのお知らせ。その2。

カテゴリ:
2018年スロベニアツアー

6月23日(土曜日)から7月1日(日曜日)
(時差の関係で、土曜日に向こうを主発して、日曜日に成田に帰ってきます。)
スロベニアツアーに再び行きます!


これは、Kobaraというエリアからテイクオフした映像です。
川が流れています。Socaの川です。通称この谷をSocaの谷と呼んでいます。
スロベニアはイタリアの隣です。経済はユーロ圏です。
皆さんの参考になればと思いまして、フライト以外の情報も皆様に紹介しようと思います。

IMG_0017

朝食。パン、シリアル、チーズ、ハム、フルーツ、ヨーグルト、コーヒーなどです。
一品、作りたてのおかずが出てくるのがありがたいです。

IMG_4035

滞在先、Jelkin HramとはJelkinさんの農場とでもいうような意味らしいです。
建物の裏手に、自家菜園があって、野菜などを手作りしています。
ご晩御飯の準備なのか、レタスを収穫していました。

IMG_4037

ヨーロッパの街らしく、教会があります。スロベニアはカトリックを信仰している人が多いそうです。

IMG_4073

これは、バーのような場所で休憩した時のメニュー。Kavaはコーヒーです。1ユーロ!(130円ぐらい)物価は総じて安いように思います。

IMG_4083

滞在している街というか村?はこのようにとてものどかな雰囲気です。

IMG_4089

これは、愛用していたクロックスですね。やはりパラグライダーは足元が大切です?

IMG_4099

フライトエリアには、ほぼ全ての場所にスポーツバーのような軽食も取れるお店があります。
フライト後は皆さん乾杯!していました。

IMG_4136

ホテルで夕食です。この日は、パスタが絶品でした!

IMG_4152

夕食の風景その2。これも美味しくいただきました。煮込みハンバーグのような、お肉料理がこの日のメイン。付け合わせに添えられているのは、マッシュポテト(これもウマウマでしたよ)、野菜です。
とにかく食事に困らないのが最高なんですよ!

IMG_4147

お酒を飲みたい人は、ホテルでオーダーしてくださいね。ビールからワインからなんでもあります!

IMG_4158

デザートです。これはアマアマです。

IMG_4228

Socaの谷のシンボル、Krn(クルン)をバックに。定番の散歩コースですね。これフライト後です。

IMG_4257

カウベルを探し求めて、街をさまよう私たち。
最終フライト終了後です。この後雷雨になりました。
最後の滞在日にKobaridコバリドの街にて。


ここで、再度日程をお伝えします。

6月23日(土曜日)から7月1日(日曜日)
(時差の関係で、土曜日に向こうを主発して、日曜日に成田に帰ってきます。)

そろそろ飛行機を押さえに動こうと思います。
チケットはキャンセルも可能です。(キャンセル手数料は必要です)
行こうかな、行ってみたいなという人はお早めにご連絡をいただけると助かります。


ご参加希望・お問い合わせ・ご質問は
担当:小林までお願いします。

メールはこちらへ
お気軽にお問い合わせください。

2018年スロベニアツアーのお知らせ

カテゴリ:
2018年スロベニアツアー
IMGP2097

2018年。スロベニアの空へ再び!
昨年、様々なアクシデントを乗り越えて、大成功に終わったスロベニアツアーに再び行きます!

今回もメインのガイドさんは、世界の空を知る扇澤さんにお願いします。
そして、現地で我々を本当に暖かく迎えてくれるクラウディアさんです。
(2017年、ロストバゲージでボロボロになりながらも、なんとかツアーをやれたのは、クラウディさんご一家のサポートあってのことでした)
IMG_4166


まずは、スロベニアのエリアをご紹介しましょう!

IMGP2104

これは、Kobara・コバラのテイクオフ。
エリアのほとんどは、このような牧草で緩やかな斜面。広くプレッシャーもありません。
ここから10キロ、20キロ以上のフライトをすることもあります。

DSC01493


ここは、SOCAソチャの谷から少し離れたリアックというエリア。
サーマルフライングという教科書にも載っている有名なエリアです。
皆さんはここで、大きくブレイクスルーしました。リッジで数キロに及ぶ広範囲を移動でき、
夕方になると、大きなサーマルがどんどん上がってきます。
この時は、本当にコンディションが良くて100機ぐらいのグライダーがソアリングしていました。
空域が広いので、混んでいるのはテイクオフするときだけです。

IMGP2951

これはStollストールのテイクオフで先ほど出てきたコバラとついになっているテイクオフです。

この二つを結ぶSOCAの谷が私たちが飛ぶメインエリアです。
エキスパート組はこの谷を縦横無尽に、フライトします。

ちなみにこれは扇澤さんご提供のフライトログで、その谷を動き回っている様子がよくわかります。
スロベニアトラックログ1



スロベニアツアーではアエロタクトの扇澤さんがツアーに同行しサポートをしてくれます。
さらに現地のガイドも同行します。


ここで、重要な日程をお伝えします。

6月23日(土曜日)から7月1日(日曜日)
(時差の関係で、土曜日に向こうを主発して、日曜日に成田に帰ってきます。)

次回のスロベニアツアーご案内は、
スロベニアってどんなところ。
どんなところに泊まるの。
を今週中にお伝えします。

ご参加希望・お問い合わせ・ご質問は
担当:小林までお願いします。
メールはこちらへ
お気軽にお問い合わせください。







2017年スロベニアツアーお知らせ第2弾!

カテゴリ:
2017年7月グランボレのヨーロッパツアーはスロベニアへ
IMGP9832

この画像はツアーに同行していただく扇澤さんからご提供頂きました!
すでにご紹介記事第1弾でみなさまにご報告いたしましたが、2017年のヨーロッパツアーはスロベニアを計画しております。そこで、今回はスロベニアのエリアをみなさんにご紹介したいと思います。今回ご紹介する写真やGPSデータなどは、すべて本ツアーに同行して我々をサポートしてくれる扇澤さんからご提供頂いています。

まずは、エリアのイメージをいただいたGPSデータからイメージ化してみると、
スロベニアエリア2

このような場所です。

ここにいただいたテイクオフらしき画像をみてみると。
IMGP9855


想像が膨らんでいきますね。さらに頂いた、画像では別のエリアらしきテイクオフも!

IMGP9935


いいですね!これは、斜面風にのって遠くまで飛んでいけそうだ。

ちなみにこれは扇澤さんご提供のフライトログ
スロベニアトラックログ1

なんか、とんでもない距離を飛んでいるんですけど、、、、

まあ、我々ははじめてこの地を訪れるので、扇澤さんにいろいろと教えて頂いて、ヨーロッパアルプスを飛ぶ雰囲気を楽しんできましょう。
扇澤さんのお話では、イタリアが近く(ベネチア)、ピザやパスタなどのイタリア料理がとてもおいしいそうです。お酒が好きな人にはワインもオススメとか!

スロベニアツアーではアエロタクトの扇澤さんがツアーに同行しサポートをしてくれます。
さらに現地のガイドも同行します。


ここでもう一度ツアーの計画概要をお伝えしておきます。
日時は7月1日(土曜日)から7月8日(土曜日)の一週間ぐらいを考えています。
今後の調整があるにしても、7月1日(土曜日)出発予定です。一週間くらい行きます。

本ブログにて決定したことや、手に入れた新しい情報などをお伝えしていきます。
ちょっと今回の紹介には間に合わなかったのですが、次回は映像なども交えてスロベニアツアーの様子をご紹介したいと思います。

お問合せなどは
担当:小林までお願いします。
皆様のご参加をお待ちしています!







台湾ツアーおしらせ2回目!

カテゴリ:
台湾ツアー開催のおしらせ第2弾

2017年2月台湾ツアーを実施します。!

今回のおしらせでは、南投県の埔里エリアの様子などをお伝えします。

《埔里エリア》について
area puli

埔里のテイクオフ付近を中心としたグーグルアースの画像です。
このテイクオフは小高い丘というような地形。

ランデイング

ランディングは十分に広さがあります。

ランディングとテイクオフの全景はこんな感じ。
高度差


グーグルアースを拡大するとFLY TAIWANの文字が!
基本はこの丘に向かって拭いてくる風でリッジをとり、高度をとりながら、サーマルにのっていくというエリアです。

私たちが訪れたときよりも、エリアの整備が格段に進んでいることがうかがえます。
ランディングは広く、草地になっています。

ちなみに
位置

このように結構クロスカントリーの記録もでているそうです。
2013年にはワールドカップも開催されています。おそらくこのイベントを契機にエリア整備がどんどん進んだのではないでしょうか。現在ではパラグライダー観光タンデムフライトや現地のスクールもあります。

《埔里でのフライト》について
 テイクオフとランディングが離れていないし、ランディングも広いのでパラグライダー初心者にもお勧めです。今回のツアーでは、インストラクターが2名同行するのでテイクオフとランディングであるいは空中でサポートが可能ですので、初心者だからと尻込みせずどんどん参加してください。
 今回のツアーでは、とくにエキスパートコースを含む、スクールをそのまま移動させることをコンセプトにしていますので、パラグライダーにどっぷりつかりたい人にこそご参加頂きたいと思っております。
 埔里でのフライトにおいて、どのようなクロスカントリーへのチャレンジが可能なのか?
あるいは、その飛行に際して必要な条件などがあるのか?などは追ってみなさんにお伝えしたいと思います。

《台湾埔里ツアーのお申し込みについて》
まずは、興味があるぐらいのレベルでかまいません。実際にいけるかどうかわからないけどというレベルで結構です。我々スタッフに気軽にお声がけください。すべての日程は無理だけど、一部参加したい!そんな人も大歓迎です。
ツアーに関する問い合わせは
台湾ツアー担当 小林もしくは加藤が承ります。


引き続き、手に入れた新しい情報などをお伝えしていきます。
今週中には、ツアー価格や宿泊先などをふくめたツアー詳細を発表し、
正式なお申し込み手続きを開始したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

小林











2017年台湾ツアー開催のお知らせ

カテゴリ:
台湾ツアー開催のおしらせ

2017年2月台湾ツアーを実施します。!
1401

今回の台湾ツアーは南投県の埔里をフライトします。

グランボレでは久しぶりとなる埔里エリア。最後に行ったのは近年、エリアの整備が行き届き、ランディングも広がり、テイクオフも人工芝?が敷き詰められ、なんとも飛びやすそうなエリアになっておりました。
グランボレが公式なツアーで訪れたときは、お客様が結構なビッグフライトをした記憶もあります。
基本的にはリッジに乗り、高度を上げていきながら、サーマルを拾って高度を上げて行くエリアです。
上手くサーマルをとらえると、高度の高い山にとりつくことができ、さらに距離を伸ばせたと記憶しています。

埔里は台湾島の中央に位置しており、「台湾のへそ」とも言われています。良質な水に恵まれた土地で、特産品の紹興酒はもちろん、美人の多い土地としても知られています。また、こちらも名物とされている埔里ビーフンをはじめ、珍しい野菜も多くとれます。そういった関係で郷土料理も見逃せないものが揃っており、グルメたちを喜ばせている町です。私の記憶が確かならば、この地で、人生最高のチャーハンに出会っています。(文章の一部をガイドブックより引用指せて頂きました)




これが埔里の風景です。
e29fa00d161b055b_S2

台湾の最高峰である玉山も南投県にあり、四方を山々に囲まれた盆地にあります。

過去に私たちが滞在したときも、日中は盆地でやや風が強まることが多かったと思いますが、フライトの確立は高く、ほぼ毎日飛んでいました。気温は温暖で暖かいので、日本の冬を逃れて暖かいところで集中的にパラグライダーをトレーニングしたい方はオススメです!


日時は
2月4日(土曜日)から2月11日(土曜日)を予定しています。
この期間でしたら、日程の調整は可能だと思います。

引率はインストラクターが2名同行します。
ですので、講習生から参加可能です。


本ブログにて決定したことや、手に入れた新しい情報などをお伝えしていきます。
今週中に、もう少し詳細な情報、
(費用や、申し込み方法、もちものなどなど)
をお知らせできるようにがんばりますので、続報をお待ちください。

詳しいことは
グランボレ:担当小林までお願いします。








2017年7月ヨーロッパツアー

カテゴリ:
ヨーロッパツアーのお知らせ。

2017年7月ヨーロッパツアーを実施します!
AdobeStock_98070636

↑これスロベニアのエリアらしい。

グランボレでは初めてとなる、スロベニアへのツアーを計画、準備に入りましたのでみなさまにご報告します。スロベニアは公用語はスロベニア語で、英語は通じるらしい。
ユーロ圏であり通貨は€(ユーロ)です。

これがシンボルのトリグラフ山とヤスナ湖。
アルプスの最南端あたりで天候も良いため、フライトコンディションも良さそうです。
AdobeStock_72655251


スロベニアツアーではアエロタクトの扇澤さんがツアーに同行しサポートをしてくれます。
さらに現地のガイドも同行します。


日時は
7月1日(土曜日)から7月8日(土曜日)の一週間ぐらいを考えています。
フライトエリアの詳しい情報や写真などは、扇澤さんにお願いしているので届き次第みなさんに情報をお届けします。宿泊先なども追ってお伝えします。

いまは、みなさんにお伝えできるのは2017年はヨーロッパツアーに行き、
その場所はスロベニアであります!!
日時は今後の調整があるにしても、7月1日(土曜日)出発予定です。一週間くらい行きます。

本ブログにて決定したことや、手に入れた新しい情報などをお伝えしていきます。

詳しいことは
グランボレ:小林までお願いします。

では、続報をお待ちください!





このページのトップヘ

見出し画像
×