タグ

タグ:gear

GPS の全てがわかる日(4/13・土)

カテゴリ:
ご購入された GPS 使えてますか?

自分のフライトの質を劇的に変えてくれる X-Alps でも公式採用されている最新の『サーマル丸見え』フライト・ナビゲーターがどんな物か知りたくありませんか?

260px-Navstar-2


  • 対地速度を測ってフライト空域の風向風速を掴む。
  • 軌跡をみて風下に流れるサーマルの予想に利用する。

立派な GPS の使い方です。
でも、GPS を使いこなすと、フライトがもっともっと面白くなります。

教えます、そのGPS の使い方!

そして、GPS については必ず覚えてほしい事があります。
それは、GPS をみて自分が今いる座標を言える事。そのための操作方法。

沼を超えて伐採地に行く、S字やひょうたん島まで足を伸ばす、そして XC フライトに出る。万が一アウトランディングやツリーランをした際には、安全確認や回収の為に無線での座標連絡が必要になります。


解説します、GPS の使い方!

GPS の使い方を知りたい方はもちろん、これから GPS の購入を検討される方も楽しんでいただける内容となっておりますので、是非ご参加ください。

当日は、楽しんで GPS の操作を覚えていただけるように、フライトをしながら GPS の機能を体感いただきます。

また、これから GPS の購入を検討される方にも楽しんでいただける、基本的な使い方解説や、最新の GPS・バリオ一体型フライトナビゲーターの機能をご紹介するセミナーを実施させていただきます。

スゴイです、今の一体型フライト・ナビゲーター。フライトに必要な情報の全てを教えてくれます。差をつけたいならコレです。お聞き逃しなく。

ご予約は、0278-62-1274 まで。


【GPS セミナー】

開催日程:4/13(土)
参加料金:1,000円

【プログラム内容】

プログラム Д僖ぅ蹈鵝Ε肇譟璽縫鵐
時間:9:00 から
対象:
   .僖ぅ蹈奪半攬幣紊離薀ぅ札鵐垢鮗萋世気譴織僖ぅ蹈奪箸諒
   当日 GPS のお貸し出しもしますので、これから GPS の購入を検討される方もご参加ください
内容:
   .侫薀ぅ斑罎吠数の「目標物(パイロン)」を設定
   △海譴鯆眠瓩靴謄侫薀ぅ箸鬚靴討い燭世ます
   L槁己を通過する順番を「タスク」として決定
   い海僚臠崢未蠅縫僖ぅ蹈鵑鯆眠瓩靴謄侫薀ぅ箸靴討い燭世ます
   ゥ灰鵐妊ションによりパイロンとタスクの設定は異なります
   ζ餔彭戮琉曚覆訌蹈侫薀ぅ筏離 5km-20km 程度の複数のタスクを設定予定
   9:00 よりクラブハウスで簡単なセミナーを行います
   ┘ぅ鵐好肇薀ターがGPS の使い方・設定の仕方、その日のパイロンとタスクを紹介いたします
   サーマルコンディションになったらフライトをしていただきます

プログラム◆GPS セッション
時間:16:00 〜 17:00 頃
対象:
   GPS にご興味のある全てのパイロットの方
内容:
   GPS の基本的な使い方から、応用編まで
   ∈膿轡侫薀ぅ函Ε淵咼押璽燭竜’

o 片方のプログラムのみの参加も受け付けておりますので、ふるってご参加ください。
o GPS のレンタルをご希望される場合、数に限りがありますので必ずご予約ください。

GIN アトラス Mサイズ 試乗レポート

カテゴリ:
DSC00460

3月20日、扇澤さんがGINのアトラスMサイズを持ってきて
くださったので、岩村が試乗させていただきました。

GINのアトラスはボレロ4とスプリントEVOの間で
ENのBクラスになります。グライダーを広げてみると、
ブーメラン9にも使われている、段差のあるインテーク
にナイロンロッドが使われ、明らかに新しい翼断面形状
という感じがします。
DSC00461

立ち上げの感じはしっかりと手ごたえがあるものの、
重くはなく、わかりやすい感じです。少し前のグライダーで
ZULUを思い出させるものがあります。曇り空でしたが、
ソアリングコンディションだったので、400mほどゲインして
30分ほどフライトできました。サーマルでの旋回もスムーズで
大きな体重移動はほとんど必要なく、ブレーク操作だけで
なめらかにバンクがかかる感じでした。

DSC00469

サーマルの中での浮きや滑空性能を考えると、ZULUやスプリント
はもとより、スプリントEVOに匹敵する性能をもっている感じが
しました。ボレロ4の上であれば、2機目くらいの性能かと考えて
いましたが、3機目のパイロット以上の方にちょうどよいくらいの
性能かと思います。
DSC00465

GINグライダーは新しい試みとして、イギリスのオックスフォード大学の
エイドリアン・トーマス教授などに新しい翼断面形状を設計してもらい、
翼の内圧を最適化する、EPTシステムを開発しています。今回のアトラス
はそのためか、すばらしいピッチ安定性、滑空性能を感じます。逆にいえば、
ボレロ4よりも数段上の性能を実現しており、パイロットにも少し上の技術を
要求するグライダーになったのかなという感触がありました。

トータルとしてみると、この低いアスペクトで高い滑空性能とバランス
のよい操縦性と安定性を実現しており、新世代の快適なグライダー
という感じでした。楽しみながらソアリングからクロスカントリーまで
トライしたいパイロットにお勧めです。

このページのトップヘ

見出し画像
×